日本はバイク事故が多いのか?

0

Posted by SLbik7uK | Posted in バイク豆知識 | Posted on 24-09-2015

日本は外国と比べてばいくそのものの数が多いということもあるのかもしれませんが、実は諸外国と比べてバイク事故が多発しているというか、多くなっていると言われています。
例えば、とある統計によればアメリカのバイク事故は6.1パーセント。
しかし、日本での事故は18.6パーセントなので、事故の確率がかなり高くなっていることがわかります。
確率が高いフランスでも14.9パーセントですので、日本のバイク事故がとても多いことが解りますね。
(ちなみに、アメリカは群をぬいて自動車事故が多いという結果も出ています)

日本のバイク事故はなぜこんなにも多いのでしょうか。

★バイクで事故を起こすことの怖さ
事故はどれでも怖いですが、バイク事故の怖さは「とにかく、身体がむき出しになっているため」というそのひとことにつきます。
バイクでスピードを出しているときに転んでしまうと、体がそのまま事故のダメージを受けてしまうために、死亡や重体になる確率がとても高くなってしまう、ということですね。
なので、バイクに乗るときは最新の注意と配慮が必要です。
また、バイクに乗る時に「ライダースジャケットが必要」と言われているのも、このためです。
ライダースジャケットを着用することで、ある程度のダメージを吸収することをご存知でしょうか。ライダースジャケットは、転んだ時のダメージを軽減するために作られたジャケットですので、だからこそライダースジャケットの存在は重要なのです。
もちろん、本当にスピードを出している時にライダースジャケットを着ていてもダメージを避けることは難しいですが、ないよりはいいですし、それがダメージの軽減に繫がる可能性はあります。
なので、このバイク事故に関してはきちんと学んでおきたいのですが、ライダースジャケットを着用しないという人がまだまだ多くて困ります。
バイクに乗るときは、きちんとライダースジャケットを着ること。
これを徹底しておかれることをおすすめします。

★バイクでの事故は命取りになってしまう可能性も
事故に何が怖いなどというものはありませんが、バイク事故が命取りになってしまう可能性は大きいので、きちんと事故を防ぐことができるような対策をとっておくことが大事です。
そして、なにより「安全運転をすること」がなにより重要。
きちんと安全運転をすることができるようにしておいてください。
なれたときに事故をおこしやすいので、それはきちんと気を付けておきたいですね。

Comments are closed.