2019年から補償内容がパワーアップした全労済

0

Posted by SLbik7uK | Posted in 保険会社 | Posted on 17-10-2019

全労済のバイク保険とは

国民共済や年金共済、住まいる共済にマイカー共済など、手広く保障を行っている全労済ですが、バイク保険も人気があります。
全労済のバイク保険はバイクや原付自転車などの各種車両が対象となっており、万が一事故が起きたときの対応範囲も幅広いことで人気です。

プランにも寄りますが、例えば事故が対物や対人だった場合、相手方に対しての損害補償は無制限です。
車両や家屋などにぶつかってしまった自損事故の場合をはじめ、相手方にケガをさせてしまった損害賠償も共済金から制限なく支払ってもらえるため、万が一の時にも安心でしょう。

自分や同乗者に対しての保障もあり

更に相手方だけでは無く自分側の保障も充実しています。
完全単独事故で万が一入院通院が必要な場合や死亡した場合につけられる自損事故傷害特約は、最大で1500万円まで受け取りが可能です。
こちらもプランによって金額が異なる為、毎月の保険料と照らし合わせてプランを検討すると良いでしょう。

更に無共済車傷害補償も無制限でついており、保険に入っていない車と事故に合って先方から十分な保障が受けられない場合の金銭的負担も行います。
事故に遭ったときに相手方が保険に入っているかどうかなんてわからないですので、こちらのプランもつけておくと安心です。

特約をつけておくとより安心

万が一事故に遭ったときのことを考えると、各種特約や保障プランをセットにしておくことが大切です。
例えば非共済自動車のライダーや一緒に乗っていた同乗者が事故に遭って入院通院の必要が出た場合や死亡した場合、それぞれ補償額を受け取れます。

補償額は月々の保険料から換算して事前に選択出来るため、保険料と相談して決めると良いでしょう。
万が一死亡事故へと発展した場合、最大で一千万円の保障特約となります。

また事故によって入院通院の必要が出た場合や死亡事故に発展した場合も同じで、補償額が5千万円~最大無制限で選択出来るため、何かあったときも安心です。
対象内容は治療費や仕事を休むせいで本来であれば得られたはずの給料を賠償する休業損害、精神的損害などの各種損害額が対象になります。
セットとして取り付けた場合特約が外されるプランもあるため、どのプランと組み合わせるかは良く検討した上で決めましょう。

保障内容がパワーアップ

このように全労済のバイク保険はリニューアルが行われ、保障内容がパワーアップしています。
無制限対象になる部分が多い為プラン選択によっては万が一の時にも安心です。

各種特約も充実しておりバイクに乗るときにも気軽に乗れるでしょう。
自分に対しての保険だけでは無く相手方に対しての保険も充実しています。

Webから簡単申し込みAIG損保

0

Posted by SLbik7uK | Posted in 保険会社 | Posted on 16-09-2019

AIG保険会社の概要

自動車保険に火災保険、地震保険に医療保険、傷害保険など、日常生活に関しての大切さを守るプランを多数用意しているのがAIG損害保険株式会社です。
旅先での様々なリスクをカバーする海外旅行保険会社などの保険会社プランも用意しており、個人プランや法人向けプランなども多数用意されているため、ニーズに合わせて選べます。

全国各地に営業拠点や代理店があるため、自分の住んでいる家の近くで相談も可能。
親身になって相談に乗ってくれるサポートサービスも充実しているため、何かあった時にも安心して対応してもらえます。

バイク保険の特徴

AIG保険の中にはバイク保険もありますので、バイク乗りは是非ともチェックしておきましょう。
バイク保険のサポート対象は主に、対人賠償や人身損害補償、搭乗者傷害保険に対物賠償保険、無保険車損害など様々な部分が対象です。
車やガードレールにぶつかってしまった時などの自損事故に関しても対象となることが多いため、万が一の時も安心でしょう。

二人乗りでバイクに乗っているときにもおすすめな搭乗者傷害保険など内容が多々ありますので、誰かと一緒に乗っているときに事故があった際にも対象となります。
大切な誰かを守る為にも事前に保険に加入しておきましょう。

サポートが手厚い

万が一の事故の時にも安心な緊急アシストサービスも充実しています。
事故が起きた後に相手の方と直接話をしてもらえたり、何をするべきなのかアドバイスを貰えるため、冷静になって対処が出来るでしょう。
またバイク事故によって自走が出来なくなった場合などにも安心の、レンタカーやタクシーの手配を始め、ホテルの紹介なども行ってもらえるので、遠方で何かあったときにもどうにかなるでしょう。

他にも24時間営業のガソリンスタンドの情報提供や、バイク搬送業者の紹介、福祉介護タクシーの紹介や修理工場の紹介などその後のことを考えたサポートが充実しています。
いざと言う時に役に立つ情報を電話でアドバイスしてもらえたり、今何をするべきなのかを丁寧に話してくれるため、安心してお任せ出来るのです。

対応してくれるのは百戦練磨のプロばかりで、24時間365日対応してくれるため、突然の事故が起きた時にも親身になった対応してもらえます。
まずは落ち着いて、自分の状況を丁寧に説明しましょう。

WEBで簡単申し込みをしよう

お申し込みは資料請求などはもちろん、WEBからも簡単に申し込みが出来ます。
公式サイトからも申し込みフォームがあるため、ササッと申し込みをしたい方におすすめです。
ネット手続きの際には新規申し込みと継続申し込みの二種類があるため、自分がどちらなのか間違えないようにしましょう。

朝日火災

0

Posted by SLbik7uK | Posted in 保険会社 | Posted on 31-01-2017

○野村ホールディングス傘下の中堅保険会社
朝日火災は野村ホールディングスに属する損害保険会社で、三井住友海上や東京海上日動などの「3大メガ損保」に比べると知名度も規模も大きく下回りますが、損害保険の中堅企業として全国的に地道に展開しています。

自動車保険は個人向けの「ASAP」と、「対人賠償責任保険」、「対物賠償責任保険」、「人身傷害保険」、「車両保険」の4つの保険を自由に組み合わせることが可能な総合自動車保険の「PAP」が用意されています。
しかし、ASAPには、車種制限があるため、バイクが加入できるのは、「PAP」のみです。
朝日火災は、知名度こそ高くはないのですが、万全の補償内容や充実のロードアシスタンスサービスなどに定評があります。

代理店を通して契約をするため、保険料はインターネット契約の商品に比べればやや割高ですが、販売担当者の説明は丁寧で誠実さを感じるという声は多いです。
PAPは一般のバイクも自動車と同様の保険の仕組みであるため、バイクでも自動車同様、車両保険に入れます。
車両保険は、①車対車+A、②一般車両保険、オプション特約、の3つからなります。
まったく車とバイクが同じ扱いにされるわけではありませんので、ちょっと詳しく見てみます。

○車両保険「車対車+A」
車両との衝突による自車の損害が補償されますが、相手側の運転者、車両所有者が確認できることが条件です。
また、台風や火災、竜巻などによる損害も補償されます。
バイクの場合、盗難は対象外となっているのですが、他社で補償対象としている場合でも2万円程度と比較的少額なので、それほど気にする必要はないのかもしれません。

○一般車両保険
車両保険「車対車+A」をベースにして、電柱やガードレールにぶつかる、転倒する、などの自損事故や、当て逃げのように相手側の運転者や車両所有者が不明な場合にも補償が受けられます。
転倒などの自損事故や倒されるだけの事故でも、車両修理費が高くつくバイクの場合、一般車両保険の方が安心ではないでしょうか。

○オプション(特約)
・車両地震特約
通常の車両保険では、火災や台風、水害による損害は保険の対象ですが、地震や噴火、津波による損害は保険の対象外です。
地震大国日本では近年、特に火山・地震の活動が活発になっているようです。
この特約を付することにより、自然災害全般に対応できることになります。

・車両保険無過失事故特約
契約車両と他の車両との衝突の場合、①相手方の信号無視を起因とする事故、②相手側車両のセンターラインオーバーを起因とする事故などで、朝日火災が当方に過失なしと認める場合で、相手側の運転者や所有者が確認できる場合は、車両保険を使っても、次回更新の等級決定の際に、ノーカウントとしてもらえる特約です。

東京海上日動

0

Posted by SLbik7uK | Posted in 保険会社 | Posted on 17-12-2016

○三大メガ損保の一角を占める巨大グループ
東京海上日動火災保険は、東京海上日動あんしん生命などとともに、東京海上ホールディングス傘下の中核的な子会社です。
三菱グループに属する保険各社の持株会社で、東京海上ホールディングスは、「MS&ADインシュアランスグループホールディングス」、「損保ジャパン日本興亜ホールディングス」と並ぶ、いわゆる「三大メガ損保」の一つで、三大メガ損保は国内の損害保険市場の保険料収入の9割以上を占める巨大な損害保険分野の企業グループです。

東京海上日動は、バイクだけのための保険は用意されていないのですが、TAP(一般自動車保険)という商品がバイクにも対応しています。
TAPは一般の自動車と同様の保険の仕組みであるためか、バイクでも車両保険に入れるという特色がある数少ない保険です。
東京海上日動のちょっと気になる特約をチェックしてみます。

○入院時に選べるアシスト特約
人身傷害保険の保険金が支払わられる事故で3日以上入院した場合に、補償を受けられる方1名について支払限度額(入院3日目で10万円の支払限度額、以後入院日数が10日経過するごとに10万円、180万円が最高上限額)の範囲内で、ホームヘルパーの派遣費用や差額ベッド代などのメニューの中から、選択で必要な補償が受けられます。

例えば事故で3日以上入院した人が家事に従事していればホームヘルパー派遣費用、まだ小さなお子さんがいるママならベビーシッター費用、というように必要に応じた補償メニューを事故後に選択して受けることができます。

○車両無過失事故特約
契約の車両と相手方の車両との衝突事故や接触事故によって車両保険の支払いを受ける場合、当方側に過失がないときは、一定の条件のもと、東京海上日動と次回更新する契約で更新後の契約に適用される等級や事故無・事故有別の割引・割増率を決める際、ノーカウントとして取り扱ってもらえます。

過失責任はないのに、車両保険を使ったばかりに、次回の更新時に適用される等級が不利になるのはつらいですよね。
軽く当て逃げされたときなど、等級を気にして車両保険を使わなかった経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

○メディカルアシスト
事故のときだけでなく、日常生活においても、電話で医療に関する相談に応じてもらえます。
救急医療相談に応じてもらえたり、夜間や休日の救急病院や旅先で近くの医療機関を案内してもらえますので、土地勘のない旅先での病気でも安心できます。

また、民間救急車や航空機特殊搭乗手続き等、転院・患者移送手配も行ってくれます。
万が一、ツーリングなどで遠方において、大きなケガをして現地の病院に入院することになったけど、やはり、自宅の近くの病院で治療を受けたいと思うときに助かります。

あいおいニッセイ同和損保

0

Posted by SLbik7uK | Posted in 保険会社 | Posted on 28-11-2016

○合併を繰り返し、MS&ADホールディングス傘下に入っている保険会社
元々は、1913年(大正2年)に設立された千代田火災保険を始まりとしますが、現在、あいおいニッセイ同和損保は国内のMS&ADインシュアランス・グループホールディングス傘下の中核保険会社です。
MS&ADホールディングスは日本の保険持株会社で、その傘下には、「あいおいニッセイ同和損保」・「三井住友海上」・「三井ダイレクト」などの損害保険会社、「三井住友海上あいおい生命保険」などの生命保険会社があります。

その規模は大きく、「損保ジャパン日本興亜ホールディングス」、「東京海上ホールディングス」と並び「MS&ADホールディングス」はいわゆる「三大メガ損保」と呼ばれ、三大メガ損保は国内の損害保険市場の保険料収入の9割以上を占めると言わるほど巨大です。
あいおいニッセイ同和損保のバイク保険は、「セーフティーツーリング」という愛称で、付けていてよかったという声の多い特約は、次の2つです。

○対歩行者等傷害特約
これは、契約のバイクの事故により、歩行者や自転車運転中の人を死亡させたり、またはケガをさせて入院が必要となった場合、対人賠償保険では補償対象外となる相手方の過失部分を含む損害の額が補償されます。

具体例を上げると、自転車との衝突事故で、相手の損害額が500万円で当方の責任割合が80%の場合、当方の損害賠償責任額は法律上では400万円で、残りの100万円は、相手側の過失責任で当方の負担義務はなく、従って対人賠償保険金も支払われません。

しかし、現実には、相手側が歩行者や自転車であった場合は責任割合という考え方自体になかなか理解が得られず、解決まで時間がかかることが多くあります。
「歩行者や自転車」と「車やバイク」との事故であれば、車やバイクに全面的に責任があるという考えが根強いのです。

そこで、この特約を付けていると、相手側の責任割合に相当する額(先の具体例の場合は100万円)が保険で支払ってもらえます。
対人賠償保険を無制限で契約しておけば、この特約の価値はさらに高まることでしょう。

○対物超過修理費用特約
契約のバイクの対物事故で、相手車両の実際の修理費が相手車両の時価額を上回った場合に、修理費が時価額を上回る額に過失責任割合を乗じた額が50万円を限度に支払われます。
対物賠償保険では、時価額が修理費限度額として、計算されますので支払われる保険金額では実際の修理費用を賄えない事態が生じます。

具体例を上げると、元通りにする修理費用が100万円、時価額が60万円、過失責任割合が50%の場合、対物賠償保険では60万円×50%=30万円の保険金支払いですが、この特約の追加で100万円-60万円×50%=20万円が支払われます。
特約を付けた結果として、実際の修理費用(100万円)×過失責任割合(50%)=保険支払額計(50万円)となるのです。

共栄火災

0

Posted by SLbik7uK | Posted in 保険会社 | Posted on 30-10-2016

○組合組織と深い関係をもって生まれた歴史のある損保
農業協同組合、信用金庫・信用組合、生活協同組合の協同組合組織などと深く関係をもって、1942年(昭和14年)に設立された日本では歴史の古い保険会社です。
JA共済連を筆頭に、歴史的に深い関係を持つ協同組合組織を中心に出資を受けており、生命保険を中心に扱うJA共済ではカバーできない保険商品を中心に展開しています。
組合組織率の高い地域において高いシェアを誇っていることに特色があります。

バイク保険として、「KAPベーシス」という保険が用意されています。
この保険は、事故で相手側に「けがなどを負わせた場合の対人賠償保険」、「相手の車両や物が壊れた場合の対物賠償保険」、「自分のバイクが壊れた場合の車両保険」、「契約バイクに乗っていた人がけがなどをした場合の人身傷害保険」が基本です。
バイクの保険で車両保険がある保険会社は少ないので要チェックです。
この4種類の主な保険に追加で付けることができる各種の特約が用意されています。
オプションで付けることができる、2つの補償特約に注目してみます。

○弁護士費用等補償特約
これは「いわゆるもらい事故」の際に、損害賠償請求に要した弁護士報酬、司法書士報酬等を保険金として支払ってくれます。
本人または家族、またはその所有する車両に乗っていた人が事故で被害を受けた場合に、損害賠償を請求するために係った訴訟費用や相談料として、それぞれ300万円、10万円を限度に支払ってくれます。

例えば赤信号で停車している際に追突されて、けがをした場合など、当方に過失が無いと保険会社の示談交渉サービスが受けられません。
相手が知らんふりで賠償交渉に応じてくれなければ、困ってしまいますよね。
しかし、この特約に入っていれば、弁護士報酬などを支払ってもらえますので、安心して弁護士や司法書士の力を借りることによりスムーズな解決が目指せます。

○一つ上の安心のためのライダーサポート特約
・他車運転危険補償特約
本人や家族が、家族以外の人からバイクまたは原付バイク(原付バイクの契約であれば原付バイクのみ)を借用して運転中に起きた事故についても、契約車両と同じ補償が受けられます。
友人のバイクを借りることの多い方には、万一の時にも友人との信頼関係が壊れる心配がなく、安心できます。

・臨時費用補償特約
契約中のバイクまたは原付バイクが盗難にあった場合、バイク、原付バイクの取得を条件に定額で2万円が支払われます。
盗難にあった場合、再取得をする場合が多いので、2万円であれ、当面の取得費用に役立ち、助かります。

・携行品補償特約
バイクや原付バイク乗車中であるか否かにかかわらず、携行品が破損したり、盗難にあったりした場合に10万円を限度に補償されます。
例えば、外出先でカメラが盗難にあう場合など、よくありそうなことで、そういう時に助かります。

チューリッヒ

0

Posted by SLbik7uK | Posted in 保険会社 | Posted on 25-09-2016

○スーパーバイク保険の特徴
チューリッヒ・インシュアランス・グループはスイスのチューリッヒを拠点に、保険事業を中心に広く金融サービスをグローバルに展開するグループです。
チューリッヒグループは、1872年に設立された歴史のあるグループです。
世界中で信頼を受けており、日本でも1986年以降、日本国内に広く展開しています。

チューリッヒのスーパーバイク保険は、自動車保険で培った経験をもとに、料金やサービスがバランス良く設計されています。
毎日の通勤・通学や、休日のツーリングの際の「もしも」に備える保障や安心のサポートが揃っています。
柱は、①自由に設計できる補償内容、②安心の事故対応、③充実した事故対応で、この3つがリーズナブルな保険料で受けられることがメリットです。

○自由に設計できる補償内容
対人賠償と対物賠償は基本補償ですが、特約で下記のものもあります。
・搭乗者のための自損事故傷害特約を付ければ、運転ミスによる相手のいない単独の事故や、相手に過失のない事故によって自分が死傷した場合など、強制加入の自賠責保険等では補償されないときにも補償してもらえます。

・バイクをはじめ自分の所有物への特約として、自分のバイクの修理費のための車両保険、携行していたもの(例えばカメラ)の事故時の損害額の特約などが必要に応じて選択できます。
その他、国内外を問わず日常生活中の事故など、バイク以外の事故でも、ほぼすべてのケガを補償する傷害特約など、多彩な特約が選べます。

○安心の事故対応
チューリッヒには、人身事故担当のスペシャリスト、物損事故担当のスペシャリストが多数在籍しており、彼らがトラブルの種類に応じて速やかに示談交渉を進めてくれます。
仮に、人身と物損の両方の事故であれば、それぞれのスペシャリストとしてチームを組んで担当してくれるので安心です。
事故の報告から、保険金の支払といった手続きが完結するまで、軽微な事故でも親身になって対応してくれます。

示談交渉中の進行状況も随時伝えてくれるので、不安がありません。
保険証券などにQRコードがプリントされており、土地勘のない場所でのトラブルでも、すぐに位置を把握して対応してくれます。

○充実のロードサービス
走行が不能になったバイクを、レッカーで距離100kmまで無料で現場から指定する修理工場等へ運んでもらえ、修理後も自宅までの運搬費用を全額支払ってくれます。
また、事故・トラブルの現場から自宅までの交通費を距離制限なしで全額支払ってくれますので、ツーリングで遠出した際のトラブルも安心です。

もちろん当日中の帰宅が困難であれば、宿泊費用も出してくれます。
チューリッヒの嬉しいサービスに、トラブル時のクイックサービスがあります。
これは、ガス欠時のガソリン給油サービスやキー紛失時の作成サービス、バッテリー上がり時のジャンピング等で、緊急時に安心できるサービスが盛りだくさんです。

アクサダイレクト

0

Posted by SLbik7uK | Posted in 保険会社 | Posted on 24-06-2016

○アクサダイレクトってどんな保険?
バイク保険と言えば、アクサダイレクトもありますよね。
アクサダイレクトはCMなども積極的にうっている企業なので、「知っている」という人も少なくないのではないでしょうか。
日本では知名度が高い保険会社の一つですよね。
では、そんなアクサダイレクトの保険についてみていきましょう。

○チームを組んで、万が一の対応をしてくれる
まず、アクサダイレクトではチームを組んで万が一の際の対応にあたってくれます。
チームを組んで対応してくれるから、安心して任せることができるということですね。
何か合った時でもすぐに対処してくれるので、安心して頼ることができるというのも本当に大きなメリットではないかと思います。
また、アクサダイレクトの担当者はみんなが経験豊富。
いろいろな経験をしてきていますので、そういった経験を活かして相談に乗ってくれるというのも、ひじょうに重要なことではないかと思います。

○対面で相談に乗ってもらうことができる
また、何かがあったときに電話だけではなく対面で相談を受けてくれるというサービスも。
なにかあったとき、やはり対面で相談ができると安心感がありますよね。
電話だけだと不安になることもあります。事故の直後は、それでなくても不安になることが多いので、こうして対面で会うことができた方が安心感はありますよね。
アクサダイレクトでは、こういったところにもきちんと配慮をしてくれるので、安心していろいろなことを任せることができるようになるでしょう。
このように、万が一の時に安心して任せることができるかどうかというのは本当に大切なことになりますので、しっかりと「任せることができるのか」を考えていきましょう。

○満足度が高いアクサダイレクト
アクサダイレクトは本当に満足度が高い保険と言われていて、実に94パーセントが「対応に満足している」と答えています。これだけでも、本当に満足できる保険であることがよく解りますよね。
満足度が高いと標板だからこそ、「自分もアクサダイレクトに入りたい、ここにお願いしたい」と考えるひとが多いのかもしれません。
そう考えると、アクサダイレクトというのは非常に頼りがいのある保険であるということが良く解るでしょう。
今後、保険会社について考えている人にはアクサダイレクトをお勧めしたいです。本当に、いろいろな意味で満足をすることができる保険になるはずです。
是非いちど、アクサダイレクトについて考えてみてほしいですね。

日新火災

0

Posted by SLbik7uK | Posted in 保険会社 | Posted on 24-05-2016

○画期的ば日新火災海上保険株式会社に注目!
「バイク保険」には本当にいろいろなサービスがありますが、中でも画期的な内容の保険を打ち出しているのが「日新火災海上保険株式会社」の保険になります。
日新火災海上保険株式会社は、これまでのバイク保険にはなかった面白い取り組みがいっぱい。
バイク保険に入るのであれば、この日新火災海上保険株式会社を考えてみてほしいので、ぜひともこの日新火災海上保険株式会社についてよく考えてみてほしいと思います。
では、そんな日新火災海上保険株式会社の保険についてみていきましょう。

○業界初!「盗難保険」がついた日新火災海上保険株式会社
日新火災海上保険株式会社から出ている「35歳以上限定の日新火災おとなのためのバイク保険(盗難保険付き)には、ひじょうに大きなメリットがあります。
バイクに関するトラブルといえば「事故」を連想してしまいがち。
しかし、実はそればかりではなく「盗難」の可能性もあります。
バイク専用の駐車場はまだまだ少ないため、中には自転車と同じ駐輪場にとめているという人もいるでしょう。
この駐輪場から、バイクが盗まれてしまったというケースが多発しています。
鍵をかけておいても、その鍵を外して盗難をしてしまうのが泥棒の手口になりますので、「鍵をかけておいたのに盗まれてしまった」という被害報告があとをたちません。
バイクが盗まれてしまうと、その精神的な負担はもちろんですが、金銭的にも大変な損失ですよね。また新しいバイクを買わなければならないのですから。
盗難されてしまったということを考えると、バイクを下取りに出すこともできません。
そんな時、日新火災海上保険株式会社の保険であれば「盗難保険」を使うことができます。これは業界初のこころみで、かなり注目されている保険のひとつになります。

○事故の補償もしてもらうことができます
また、事故に対する補償をしてもらうことも可能に。
事故に対する補償は、事故を起こしてしまった時のためにとても大切なものになります。
相手に怪我をさせてしまった場合の時ももちろんですが、そればかりではなく自分のバイクが壊れてしまった時にも対応をしてもらうことができますので、ぜひとも頼りにしてみてくださいね。
こういった補償内容の充実から、日新火災海上保険株式会社のバイク保険を選ぶという人がとても増えています。
これからバイク保険に加入したいと考えている人は、この日新火災海上保険株式会社のバイク保険を考えてみてもいいのではないでしょうか。

富士火災

0

Posted by SLbik7uK | Posted in 保険会社 | Posted on 24-04-2016

○富士火災ってどんなバイク保険なの?
バイク保険と言えば、中には「富士火災」というものもあります。
「富士火災」の一番のメリットは、なんといっても「対面で入るのと同じ内容の保険に加入することができる」というもの。
同等のサービスに加入することができるため、そこにメリットを感じて加入する人が少なくない様です。
では、そんな「富士火災」のサービスについて考えていきましょう。
「富士火災」には、一体どういったサービスがあるのでしょうか。

★24時間365日、対応をしてもらえます
事故と言うのは、いつどんな時に発生するかわからないもの。
だからこそ、富士火災では24時間365日の対応を可能にしています。
いつでも頼ることができるからこそ、安心して頼ることができるというメリットがありますよね。
こういったメリットがあるからこそ、富士火災は本当に安心して頼ることができるのです。

★紹介サービスもあります
また、富士火災では「紹介サービス」も実施しています。
例えば、車の業者の紹介。
バイクが事故ったあとに、何らかのかわりのバイクや車が必要な場合は、レンタルサービスを紹介してもらうことも可能です。これなら、本当に安心して頼ることができますよね。
もし、どこかに宿泊したいという場合はホテルなどの宿泊施設を紹介してもらうことも可能に。
夜遅くの事故だと、そのまま帰ることが難しい場合もありますので、そういった場合は宿泊施設を頼りたくなりますよね。寒い場合なども同じです。
こういった時、きちんと宿泊施設を紹介してくれるのが富士火災の強みということでしょう。

★万が一の時に頼れる情報をくれるサービス
もし何かがあった場合、応急処置の仕方などを指導してくれるのも富士火災。
ドライブをしていて疑問点がある場合も、もちろん頼ることができますので、ぜひとも頼りにしてみてほしいともいます。ドライブは思いがけないトラブルがあることもありますしね。
そして、もうひとつお勧めしたいのが「ガソリンスタンドを探してくれる」というもの。
ガソリンスタンドがないと、万が一の時にとても不安ですよね。
そんなとき、ガソリンスタンドを紹介してくれるサービスがあるそうなので、こういったサービスも利用してみてほしいものです。
万が一のとき、本当に頼ることができるサービスなのではないかと思いますよ。
これに対して、24時間365日頼ることができるというのが、このサービスのいいところです。
ぜひ、こういったサービスを使ってバイク生活をより安心できるものに変えていってほしいと思います。

もちろん、トラブルにあわないことや事故にあわないということが何よりも大事なので、こういったことをしっかりと考えてバイクの運転をするようにしましょう。