バイク保険の選び方

0

Posted by SLbik7uK | Posted in 保険について | Posted on 22-02-2019

バイクを買ったら運転前に保険加入が必須

クルマやバイクで道路を走るには、自賠責に入る事は必須かつ強制的な制度で、これに違反すれば罰則が設けられているほど徹底されます。
しかし、自賠責保険は人的被害のみが補償範囲で、補償額も低めの設定がされているという最小限度の保険です。

このため重大な事故の加害者となり、上限額を超える賠償が必要となった場合には、自己負担で賠償しなくてはならず、多くの場合その後の人生に多大な影響が出ます。
また自損事故の場合にも自賠責保険では補償されない、物的損害も対象外といった理由から事故の備えとしては不十分です。
万が一の事故が起きても人生を再出発できるように、任意のバイク保険に加入しておく必要があります。

保険会社により補償内容や保険料が異なる任意保険

強制的に入らざるを得ない自賠責保険の保険料や補償内容は、会社による差が生じることがないよう、一律に決められています。
これに対し、任意保険は会社により補償対象被害や支払う保険料が異なり、各社が特色のある商品を競って販売しているものです。

特に料金設定に関して額が異なる主な要因は、各会社の営業の仕組みによる部分が大きいでしょう。
代理店を通して保険に加入すれば、保険料には代理店の手数料が加味されていることになり、その分高くなります。
現在大々的に広告がされ、シェアも高め、注目を集めているのは、代理店を通さずに保険会社と直接契約するダイレクト販売を行うネット保険会社です。

代理店手数料だけでなく、手続きの多くをPCやスマホから顧客が行うシステムで、人件費その他の物件費も省けるため、保険料を安く設定できるのです。

各社の見積もりを取ってみる

保険会社ごとに経費が異なるため、保険料が異なるという理由以外に、各社がリスク細分型による保険料設定をしているという事情があります。
各社が保険料支払いの発生リスクを、被保険者の年令や使用目的、車種、セーフティ装備についてリスク毎に要因を判定し保険料を決定しているのです。

近年人気のある「保険料は走った分だけ」というのも走行距離をリスク要因ととらえて、長い距離を走ればそれだけ事故のリスクは高まるとの前提で算定されています。
このリスク要因は各社ごとにウエイトの配分は異なるため、自分にとってコストパフォーマンスが最適な保険は契約者によって異なるのです。
そこで力を発揮するのが、一度の入力で複数の保険会社の見積り額が取れるサイトです。

保険料に差異が無ければ特約や付帯サービスを比較

もし、複数社の見積りを取って保険料に大差がなければ、補償内容を厚くしたり特約を追加したりして再度見積もりを取っても良いでしょう。
また、付帯サービスにロードサービスが付いているか、その内容の違いも比較してみてください。
内容が充実していれば、ツーリング中のトラブル時に随分と助かります。

原付バイクで加入できる保険は?

0

Posted by SLbik7uK | Posted in 保険について | Posted on 20-01-2019

2つのタイプの保険が用意

原付にもクルマと同じく、交通事故に備える自賠責と任意の2つのタイプのモノがあります。
加入が強制される自賠責保険は、全ての二輪車や四輪車が入らなくてはいけません。
これを無視して自賠責保険に入らずに運転すれば、法律違反として懲役刑や罰金刑がかされるとともに、道路交通法違反として免許停止処分を受ける事になります。

事故被害者が泣き寝入りしないで済むようにとの、自賠責制度の趣旨から補償の対象は被害者の人的被害に限定され、補償額にも上限が設定されるなど、いわば最低限の被害者救済保険だと言えます。
自賠責は、加入者のためのモノというよりは、被害者救済する目的で作られた仕組みです。

これに対して任意保険は、自賠責保険と異なり、加入するか否かは本人の意思に任されている保険です。
自賠責に比べると商品設計もそれぞれの会社ごとに異なり、補償のタイプも幅広く、車両保険等オプションで選べるモノやロードサービスが準備されている点が異なります。

加害者の立場でも被害者の立場でも生じる任意保険のメリット

原付でも重大な交通事故の加害者となるリスクはあり、この場合、多額の賠償金を請求されると、自賠責保険で賄える補償金額を超えるケースがあります。
その場合は、加害者が任意保険に加入していないと自己負担となり、その後の人生に大きく影響が及んでしまうでしょう。
また、自賠責保険の補償の対象範囲は人的被害に限定されており、原付運転中に住宅のブロック塀にぶつかり損壊したような場合の賠償費用は出ません。

ぶつかったのが店舗の場合はしばらく営業が出来ないため、逸失利益の賠償が必要となるケースがありますが、これも出ません。
反対に、原付事故により、被害者だけでなく自分もケガをして入院・通院しなくはならなくなるケースも少なくありませんが、この入院費なども自賠責のカバー範囲外です。
さらに、転倒等の自損事故による損害もカバーしていません。
このように見てくると、万が一の交通事故に備えるには、自賠責のみでは不十分であることがすぐに分かります。

原付を任意保険の対象とする2つの方法

1.個別の原付独自に契約する
任意保険は、さまざまなモノがあり、原付の任意保険を取り扱う保険会社は複数あります。
125ccまでを対象とする保険のラインナップも用意されているので、チェックしてみましょう。

さらに、任意保険に契約すると同時に、トラブル時のレッカー移動や宿泊代、交通費が補償されるロードサービスが付いているケースもあり、お得です。
任意保険はオプションのモノが多く、自分に不必要な補償を外したり、保険金額を選択出来たりと自由にカスタマイズが出来るというメリットもあります。

2.クルマの任意保険の「原付特約」をオプションで付ける
所有するクルマなどの任意保険を契約している場合、所有する原付も補償の対象とするという特約をオプションで付ける方法も合理的です。
同居家族や遠隔地に住む子供が事故を起こしても、補償してもらえる保険もあります。
ただ、十分気を付けるべきことは、子供が未婚であれば対象ですが、既婚になれば対象から外れる保険があるという事です。

バイク保険に加入しておくメリット

0

Posted by SLbik7uK | Posted in 保険について | Posted on 24-12-2018

クルマに比べ低くとどまるバイクの任意保険加入率

残念なことに、平成27年に全国の交通事故による死亡者数は15年振りに前年比でプラスとなりました。
その背景には日本の人口の高齢化があるとされており、高齢者は交通事故での致死率が高く、死亡者の半数以上を占めます。

高齢者の場合、四輪車の事故のみならず、バイク事故においても重症になるケースが多いです。
同じ損害賠償でも、四輪ドライバーの事故に対するリスクへの備えの認識はある程度浸透してきており、任意であっても自動車保険への加入は当然という認識が広がっています。

損害保険料率算出機構の公表数値では、クルマの任意保険の加入割合は90パーセントに迫ります。
ところが原動機付き自転車を除いたバイクのみで見ると、任意保険への加入率は40パーセント程度にとどまっていました。

バイクでも被害の大きな人身事故を引き起こし、加害者となってしまう危険性は少なくありません。
もし任意保険に未加入で事故を起こし、被害者から自賠責で賄えない額が請求されると、その分は当然に加害者の自己負担となるので、その後の人生に多大な影響を与えてしまいます。

被害者となった場合にもメリットが

自賠責保険未加入は加入が義務付けられており、これに加入しないでクルマやバイクを運転すれば法律違反となります。
加入せずに運転した場合、法律に懲役あるいは罰金の定めがあるほど強制力を持っているのです。

それ以外に未加入は道路交通法にも違反しており、免許停止とされています。
ここまで厳しく加入を強制するのは、交通事故被害者の最低限の救済を担保する趣旨からです。

制度の確実な運用のために、車検を受ける際には自賠責保険の更新が条件とされています。
この制度がある以上、クルマが自賠責保険に入っていないケースは少ないでしょう。

ところがバイクには、車検が必要ではない250㏄までのバイクがあり、自賠責保険に未加入のバイクも道路を走行している可能性はクルマよりも高いのです。
いずれにせよ、そのような保険未加入の車両と事故になり、被害者となれば、被害の補償が極めて困難となる事態が想定されます。
そんなケースでも任意保険で無保険車との事故を担保するタイプに入っていれば、相手が保険に入っていなかったという都合で補償を受ける事が出来ない事態を避ける事が出来て安心です。

任意保険に加入するそのほかのメリット

上述の通り、任意保険のメリットは加害者や被害者となった場合に大きいのですが、それ以外にもあります。
1.ツーリング中の愛車の故障のケース
ツーリングでは、慣れない道を長距離走行するので故障などのトラブルが付き物ですが、最寄りの修理工場まで無料でバイクを移動してくれるサービスも用意されます。

2.スリップして壁にぶつかるなどの自損事故のケース
自損事故で生じた被害に関しては、自賠責は対象外ですが、任意保険に入っていればケガの治療費やバイク修理代の補償を受ける事が可能です。

自賠責保険の補償内容

0

Posted by SLbik7uK | Posted in 保険について | Posted on 19-02-2017

○強制加入で無保険運転は違法
自賠責保険は、交通事故による被害者を経済的に救済するため、基本的な対人賠償を確保することを目的としており、原付バイクを含め、全ての自動車に加入が義務付けられていることから、強制保険とも呼ばれています。
自賠責保険の主な特徴は次の通りです。

①原付バイクを含む全ての自動車は、法律に基づき、自賠責保険に加入していなければ運転してはならず、無保険運転は違法で罰金や懲役の罰則規定があります。
②対人賠償が目的なので、対物事故は対象外です。

③被害者1名ごとに支払限度額が定められており、1つの事故で複数の被害者がいても、1被害者の支払限度額は減額されません。
④被害者は、加害者が加入している損保会社に直接、保険金を請求できます。
⑤あくまでも最低限の賠償額であり、現実的には任意保険を付加することが求められます。
被害者側の被害の程度に応じて次の補償内容が定められています。

○ケガの場合の賠償
治療費、通院料、休業補償、慰謝料などで、1被害者当たり120万円が限度です。
被害者1名ごとに支払限度額が定められているため、仮に一つの事故で10人の被害者がいる場合、全員が限度額まで必要であれば合計1,200万円が支払われることになります。

○後遺症の残る賠償
後遺障害とは、自動車事故により受けた傷が治った後も残る精神的又は肉体的な障害状態で、傷害と後遺障害との間に医学的にも因果関係が認められる症状です。
後遺障害は、2つに分けられています。

①神経系統の機能や精神・胸腹部臓器への著しい障害で、介護を要する場合(常時介護を必要とする場合は1級、随時介護を必要とする場合は2級)
②それ以外の後遺障害(1級~14級)
上記2つの傷害の種類に分けた上で、損害賠償額は障害の程度によって定められており、大きく分けると、逸失利益と慰謝料が支払われます。

・逸失利益は、後遺障害による労働能力の減少により、将来発生したであろう収入額が減った額を補うもので、収入と後遺障害の各等級(1級~14級)に応じた労働能力の喪失率・喪失期間などを使って算出されます。
・慰謝料等は交通事故による精神的又は肉体的な苦痛に対する補償で、上記①の常時介護を必要とする場合(1級)1,600万円、随時介護を必要とする場合(2級)1,163万円が支払われ、初期の段階で必要な費用として、1級の場合500万円、2級の場合205万円が加算されます。
上記②の場合、(1級)1,100万円~(14級)32万円が支払われ、いずれも1~3級で被扶養者がいる場合は増額されます。

合計限度額は①の1級の場合4,000万円、2級で3,000万円、②の場合、3,000万円(14級)~75万円で(14級)です。

○死亡による賠償
死亡による損害賠償として、葬儀費、逸失利益、被害者と遺族へ対する慰謝料の合計額が支払われます。
限度額は1名につき3,000万円で、このことからも任意保険加入の必要性がわかります。